こびとやにつながる夢の軌跡

こびとや

こんにちは。こびと作家のMei.Wです。
このたびは、私がこびとやにつながる夢を追い始めてから今に至るまで、そして、今の私の誓いについて書かせていただきました。

※長文ですのでご注意ください。

芸術家になりたい!

私がこびとやにつながる夢を追い始めたのは、なんと幼稚園時代に遡ります。
もうきっかけすら覚えていないのですが、幼稚園時代、なぜか「芸術家になりたい!」と言い始めました。
昔過ぎて、あれ?記憶が脚色されている?本当に幼稚園の頃だっけ?と自分でも疑いました。
しかしその後、幼稚園時代の「将来の夢」が書かれたものを発見し、「本当に幼稚園の頃から言ってた…」ということが発覚しました。

「芸術家って死なないと売れないんだよ」

小学生くらいの頃、私にとってはかなりショッキングなことが起こりました。
親に「芸術家って死なないと売れないんだよ」と言われたのです!
死なないと売れない=ご飯が食べられない=芸術家を目指したら生きていけない…とショックを受けつつ一度は夢を諦めました。
※実は一応、将来ご飯が食べられない生活になったことを考え、雑草を食べてみるなどの謎の努力もしました。

それから高校生になるまでは、芸術家をあきらめて「食べていける」将来の夢を模索していました。
でも、やっぱり「芸術家」が諦めきれなくて、他の将来は全然やる気が出なくて…。
この頃はどこか虚無感を感じなら生きていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mei.Wさん(@mei_w24)がシェアした投稿

「画家」として生きている人たち

確か高校1年生の頃だったと思います。

こんなに未練たらたら、いつまでも割り切れず微妙な状態を続けるのはもうやめよう。
どうせあきらめるなら、一度本気で絵を勉強して、頑張ってからやめたい
そんなふうに考え、紆余曲折を経て、アトリエ・クマガイ藝術学院というところで絵の勉強を始めました。

アトリエ・クマガイで描いた牡丹のスケッチ

アトリエ・クマガイで描いた牡丹のスケッチ

アトリエ・クマガイ藝術学院の先生たちはご夫婦で日本画家をされています。
そして、高校の美術の先生も洋画家として作品を発表しながら学校で先生をされていました。

つまり、「画家(芸術家)として生きている人」がちゃんといたのです!

諦めなくても、他の仕事をしながらでも、絵を描いて生きていくことはできるのかもしれない…!
そんな希望が見えて、また夢を追う日々がはじまりました。

絵のことだけ考えて、ずっと絵を描いていられる時間

最初は「どうせあきらめるにしても一度ちゃんと絵を学びたい」。そんな思いで入ったアトリエ・クマガイ藝術学院ですが、美術大学の受験のために入塾して勉強している方が多く、そんな方々を見ているうちに、「私も美術大学に行ってみたい」と思うようになりました。

アトリエ・クマガイ藝術学院の熊谷先生が、美術大学について「ずっと絵のことだけ考えて、ずっと絵を描いていられる大学時代というのは貴重だよ」とおっしゃっていました。

たしかに、「芸術家は死なないと売れない」わけではないことを知り、絵を一生続けていこうと思ったものの、本当に「絵を描く」だけで生きていける人はほとんどいないでしょう。
他の仕事をしたり、絵を教えたり。限りなく「絵を描く」だけで生きているように見える方でも、その「絵の仕事」をもらうために、あるいは絵を売るために、「絵を描く」以外のいろいろなことをしなければなりません。

そんな中、確かに、「ずっと絵のことだけ考えて、ずっと絵を描いていられる時間」というのは貴重でしょうし、その後の一生の大切な糧になるでしょう。

そして、とてもありがたいことに、両親が許してくれて、私は美術大学に入り、「ずっと絵のことだけ考えて、ずっと絵を描いていられる時間」を経験することができました。

大学時代に描いた日本画の作品

大学時代に描いた日本画の作品

 

ずっと夢を追い続けます

私は今、他の仕事をしながら作品作りや発表を続けています。
その中で、こびとやという私の原点に近い世界が生まれ、ありがたいことに多くの方に小人たちの世界を好きといってもらえるようになりました。

正直、私は恵まれていると思います。
「芸術家は死なないと売れない」という言葉で私に大きなショックを与えてくれた両親でしたが、とても優しく、私を愛してくれています。
私の絵に対して、「自分には良さがわからない」などと言いつつも、お金のかかるアトリエ・クマガイ藝術学院や美術大学で学ばせてくれました。

妹や友達、親戚の方々も、絵を描く私を応援してくれて、その人たちの言葉と存在があったからこそ、絵を続けてこれました。

こびとやの活動を始めてからは、より多くの、もともとは私と縁もゆかりもなかった方々が私の作品を好きといってくださるようになりました。顔も知らない私からイラストやイラスト使った雑貨を購入してくださり、時には遠方まで足を運んで作品展を見に来てくださいます。

私の作品の良さがわからないと言っていた両親も、今では絵を見せると「良いんじゃないか」と言ってくれたり、母は私のイラストを使ったトートバッグなどの雑貨を買って、使ってくれています。

一時、色々辛いことが重なったりして、くじけそうになったりもしましたが、たくさんの方のおかげで立ち直り、また夢を追う力が湧いてきました。

優しい人たち、応援してくれる人たちに恵まれているからこそ、感謝をしつつ、私は今、1つ自分に誓いを立てています。

それは、もう夢を追うことをあきらめないこと。どんな形でも良いから、夢を追い続けることです。

今後は何があろうと、夢をあきらめず追い続けます。
またなにかがあって絵を描ける状態ではなくなって、活動を休止せざるを得なくなるかもしれません。あるいは、夢の形を変えて追うことになるかもしれません。

でも、「夢を追うことをあきらめる」ことだけはもう絶対にしません。
それが、私を応援してくれる方々に対する誠意だとも思っています。

最後に改めて。

私の作品を好きと言ってくださる方々、私を応援してくださる方々、皆さま、本当にありがとうございます。
これからも、私は夢を追い続けていきます。

コメント