こびとと一緒企画レビュー〜こびとが遊びに来る写真って?〜

こびとと一緒企画

こんにちは!こびとやの広報担当、千代紙です。
今回は二回目となる、「こびとと一緒企画」についてインタビュー&体験レビューをさせて頂きます!

 

*人物紹介*

千代紙
千代紙

千代紙

今回のインタビュアー。こびとやの広報担当。
Mei.Wの友人であり、こびとやを応援している。

詳しくは→こびとや広報担当就任記事

Mei.W
Mei.W

Mei.W(こびと作家)

こびとや」の制作者。”小さな幸せと癒しをお届けする”を目標にこびとのイラストを描き、SNSへの投稿や雑貨販売という形でこびとの世界をお届けしている。

こびとと一緒企画とは?

こびとと一緒企画」は、期間内にお手持ちの写真をMeiさん宛にDMすると、その写真にこびとが遊びに来てくれる、というもの。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mei.W(@mei_w24)がシェアした投稿

掲載許可を頂いている皆さんの写真を拝見しても、とても素敵ですね!*
(→こびとと一緒企画第1弾 / 第2弾

さっそく私も実際に体験させていただこう!と思ったのですが..

「こびとが遊びに来てくれそう」な写真、という観点でフォルダをみてみると、意外と悩んでしまうことが判明!

以前展示会でペットボトルにこびとを載せて撮影したことがあったんですが、

それともまた違う想像力を働かせながらの写真選び。
うーん、どれにしようかな…?

こびとが入りやすい写真・入りにくい写真

こびとが入りやすい写真のおすすめは?

せっかくなので、今回はMeiさんに選ぶのを手伝っていただきました!
例えば、こびとが入りやすい写真のおすすめはありますか?

Meiさん「基本的にはお気に入りのお写真でなんでも大丈夫なんですが、お菓子とか、小さいものをアップで撮ったような写真は特におすすめです。小さい世界を切り取ったような写真といいますか…」


(↑こちらはこびとと一緒企画第一弾でサンプルとして使わせていただいた@norico_rubyさんのお写真)

なるほど!それなら、手とかが入ってるのも良さそうですね。

Meiさん「そうですね!手とか、人の体の一部がアップになっているお写真も入れやすいです」

ふむふむ。じゃあこの風鈴はどうでしょうか?

Meiさん「いいですね!ただ、これは若干乗せる場所に迷うタイプですね…。
せっかくなら風鈴に乗せたいけど、滑りそうで…」

あ、たしかにつるつるしていて滑りそう(笑)
Meiさんはこびとの気持ちになって入るところを決めてくれてるんですね!

Meiさん「そうですね。こびと目線で居心地の良さそうなところを探しています
ちなみに、写真を見た瞬間、すぐにどの子が遊びに行くか、どこにいるか決まる時もあれば、何人も遊びに行かせてみて、『あ、この子がここにいるとしっくり来る』と決まる時もあったり..。
あとは、こびとに写真の中のいろんなところに行かせてみて、一番ちょうど良くいられる場所を探したりとか
ちょっとの違いで、バランスが悪くて落っこちそうだったり、座り心地が悪そうだったりするんです」

それは面白いですね!
実際に座り心地の悪そうなこびとも見てみたい気がします(笑)

こびとが入りづらい写真!?

ちなみに、こびとが入りづらい写真とかもありますか??
個人的には、こういうのはこびとが入るイメージがしづらかったんですが..

Meiさん「これくらいならなんとかいけます…! が、おっしゃる通りこういう写真はなかなか難易度が高いです(笑)

一応、基本的にはなんとでもするんですが…

  • 逆光でシルエットになっているなど光が特殊な写真
  • 風景などを引きで撮影した写真(※そのまま入れるとこびとが巨人サイズになってしまう)

こういうお写真はちょっと難しい場合があります。その場合はご相談していただければ..!」

実際どんな感じでこびとを入れているの?

写真1枚目―ダチョウとこびと

では、前述の写真の選び方を踏まえまして、今回はこちらの写真でお願いします!!

ちなみにこの写真は、山形の朝日町のダチョウ牧場のダチョウです。住宅地に突然ダチョウが現れる謎スポットです(笑)

Meiさん「ダチョウは、乗せるならくちばしかなぁ…。頭はモフモフすぎてうまく乗れなそう…」

Meiさん「乗ってみたけどちょっぴり安定しない感じがします。若干滑り落ちそうですね..」

Meiさん「重心を整えてポーズ!でどうでしょうか*」

バランスが取れてる!!
不思議と2枚目の方が、なんだかダチョウの表情も「おっ」って感じにみえてきて面白いですね(笑)
写真にこびとが入ることで新たな表情が生まれる気がします

Meiさん「そうなんです。不思議なことに、こびとがちゃんとちょうどいい位置に来ると、写真の中にいる人や動物たちの表情も変わって見える時があるんです」

少しの位置でも変わってくるのが面白いですね..!

写真2枚目―野草園

もう一枚いってみましょう!
こちらは野草園の水芭蕉を見ている私です。

Meiさん「こちらは、そうですね..こっそり遊びに来たけど気づいてもらえるかな…とか」

Meiさん「もっと近づいてみた!とか。こんな感じでこびとにうろうろしてもらう時もあります

どちらもとても可愛いです!
でも、そうですね..強いて言えば、実は写真に映り込んでいるこのもう一つの影は、この写真を撮ってる私の恋人の影なので..最初の写真の方が、個人的には、撮影している本人とこびとの目線があっているみたいで、より可愛い気がします

Meiさん「そうなんですね…!影を見てもう1人いらっしゃるなぁとは思っていましたが、そういう状況だったんですね。こうやって状況を教えてもらいながらこびとを動かすのはまた新鮮です!(※通常は完成したものだけをお見せするので)

最初に写真にまつわるエピソードについて教えてくださる方もたまにいらっしゃいますし、その場合はなるべくそれに沿うようにするんですけど、たいていはお写真だけで想像するので..。
逆に、出来上がってから『実はこの写真はこういう写真で…』って教えてくださることの方がよくあるので、毎回その写真のエピソードにふさわしいものにできたかドキドキしています。単純に素敵な写真だなあと思っていたら、すごく大切な思い出のあるお写真だったことを後から教えていただいたりして…。光栄ですが、大丈夫だったかな!?と心配になる時もあって..!」

それはたしかに!
でも、今回こうしてやって頂いて感じましたが、こびとが入ると..写真が新しくなったような気がするんですよね
ちなみにさっきの後ろ姿の写真は一年前なんですけど、写真にこびとが入ることで、写真に更に新たなストーリーな加わるからなのか、思い出がちょっと新しくなるんです。
大切な写真ほどやってほしい気持ちになるのも、わかる気がします!

Meiさん「ありがとうございます..!大切なエピソードなどがある場合は事前に教えていただいても大丈夫なので、お気軽にご相談下さい..!

Meiさんに写真の思い出をお話しするのも、楽しいかと思います..!!

こびとと一緒企画、今後の予定は?

さて!今回で二回目のこびとと一緒企画ですが、今後も続けられる予定なのでしょうか?*

Meiさん「はい!私自身も楽しいですし、参加してくださった方にも見てくださる方にも楽しんでいただけているようなので、今後も続けていきたいと思っています

それは楽しみですね!コロナ禍では、リモート参加できるというのも大きなメリットですしね*!

Meiさん「はい、コロナ禍もここまで続くとは思っていなかったのですが…おっしゃる通り、こんな状況の中なので、ささやかな楽しみにしていただけたら嬉しいです。

ちなみに今回は、春ということで桜のこびとなど春っぽい子も入れてみましたが、そんな感じで、開催する季節にあわせたこびとにしたりとか…。
毎回参加してくださっても楽しんでいただけるようにしたいです

季節ごとに!それも楽しみですね*
夏は、半袖のこびと..とかですか?

Meiさん「そうですね。まだどうしようか悩み中なのですが、多分半袖の子もいると思います。
水中っぽい子とかも考えたのですが、遊びに行けるお写真がかなり限られそうですし、悩み中です..!」

色々構想されている様子のMeiさん!夏にはどんなこびとがいるか今から楽しみですね!*

まだ参加されていない方、もちろん一度参加された方も、次回開催時に機会がございましたら是非お気軽にご参加ください!
ご自分の撮りためた写真を見返す機会にもなりますし、実際に体験してみないとわからないワクワクがありますよ!*

Mei.W
Mei.W

こびとと一緒企画のお知らせはInstagram&Twitterでおこなっております。ご興味のある方はフォローしていただけたら嬉しいです。


こびとや Mei.W
Instagram:@mei_w24 Twitter:@mei_w24

コメント