小人の神様!少彦名命(スクナヒコナノミコト)

こびとについて

こんにちは。こびと作家のMei.Wです。

今回は、小人の姿をした神様・少彦名命(スクナヒコナノミコト)についてまとめました!

 

 *スクナヒコナノミコトの簡単まとめ*
・スクナヒコナノミコトは海の彼方にある常世の国からやって来て、大国主神(オオクニヌシノミコト)と一緒に国造りをした
小人の姿をしており、一寸法師のルーツとも言われる。
・ご利益:国造りの神 / 穀物神 / 医療神 / 酒造の神 / 温泉の神

 

先日参拝した口之宮湯殿山神社(山形県西川町)の御祭神のお一柱だったスクナヒコナノミコト。

小人の姿をした神様ということで、こびとを描いている身としては大変気になり、調べてみました!

少彦名命(スクナヒコナノミコト)

概要

スクナヒコナノミコトは『古事記』『日本書記』に登場する、小人の姿をした神様。

海の彼方にある常世の国から船に乗ってやって来て、大国主神(オオクニヌシノミコト)を手伝い、一緒に国造りをしました

医薬やまじないなどに通じ、穀物を各地に伝える働きもしたそうです。

大国主神(オオクニヌシノミコト):
国造りの神様。出雲大社の御祭神・因幡の白兎のエピソードなどが有名

一寸法師のルーツとも言われています。

ご利益

*スクナヒコナノミコトのご利益*
国造りの神 / 穀物神 / 医療神 / 酒造の神 / 温泉の神

スクナヒコナノミコトは医学や薬の神様として有名です。
薬や医療に繋がるものとして、お酒温泉の神様でもあります。
(※お酒は薬として使われていたことから。温泉は湯治として薬や健康に繋がるため)

また、穀物を各地に伝えた五穀豊穣の神様でもあります

スクナヒコナノミコトのイメージイラスト制作秘話

ちなみに今回描いたスクナヒコナノミコトのイメージイラスト、お布団の中にいるのはウサギです。

スクナヒコナノミコトは小人の姿ということで、相対的にウサギが大きいのと、病気のウサギをスクナヒコナノミコトが治療している-というイメージで描いたので、モフモフ感と病気でやつれてしまった感じのバランスが難しく…ちょっとウサギとわかりにくくなってしまったかもしれません。

オオクニヌシノミコトといえば「因幡の白兎」!ということで、相棒であるスクナヒコナノミコトにもウサギを看病してもらいました

ちなみに、耳の先っぽが黒い、ニホンノウサギ(冬毛)のつもりです。

コメント